<< やっぱり | main | おめでとう >>

スポンサーサイト


カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| この記事のリンク | - | - | pookmark |

神様のカルテ観てきました。


カテゴリー:翔さん

神様のカルテ、公開おめでとうございます。

昨日、朝一番の回で観てきました。


続き、ネタバレ含むかもしれないのでお気を付け下さいね^^

原作もまだ読んでなく、映画を一回観ただけの感想なので、間違いや解釈の違いなどあるかもしれませんw
そして、あくまでも私個人の感想ですので、了承していただける方のみ続きをどうぞw

いやぁ〜、もうね。大号泣。

心にすとんと入ってきて、2時間があっという間だった。

特別何か山場があるわけでもなく、でもそれが逆に私はすごく良かった。

ヒューマンドラマ大好きです。





医者という激務の中、理想と現実の葛藤の繰り返し。
心身ともに疲れた一止に、そっと寄り添うハル。



この夫婦、究極の理想の夫婦かもしれない、と私は思いました。

お互い不器用で口には出さないけど、しっかりつながっている。



今回、私が泣いたほとんどは、この夫婦のシーンでした。

素直に、『あ・・・いい夫婦だな。。。』と思えたら泣けてきて(笑)

ハルに憧れちゃいます。
イチさんにとって陽だまりであるハル。

私もそんな存在になれるように頑張りたいな、と。
旦那に口うるさく言うだけじゃダメだな、と(笑)。







一番好きなシーンは、一止がしばらく帰れないとハルに告げた場面。
ハルがお弁当(?)を手渡して、一止が受け取ろうとしたときに、その手にそっと自分の手を添えるハル。

もうもうもうもう・・・!!!!!!!(大号泣)


ハルのいろんな思いがこもってる気がして。

そして、それを一止も感じ取ってるであろう、この夫婦の関係に涙があふれました。






もちろん、桜のシーンも、泣いてる一さんをハルがそっと抱きしめるシーンも好き。
ってか、涙のスイッチがハルにあるんだなと痛感(苦笑)






翔さんが何かの雑誌で言ってましたが、この2人の馴れ初めがすごくすごーーーく気になる!!

うんうん、一止が必死こいてハルにアプローチしたんだねきっと☆(笑)
・・・まてまて分からないぞ!もしかすると、イチさんの変人ぶりにハルが惹かれたのかもw

そこら辺は原作読めば分かりますか??(笑)

昨日原作買ったから読もうと思いまーすww







原作にはないとのことでしたが、ラスト、いいですね〜〜〜(*^。^*)
ニマニマしちゃいましたww

ってーーか、ハルのひそひそ話がめっちゃ!めっちゃ!!かわいい!!!ww
惚れる!!

イチさんたら、ちゃんとそこら辺は抜かりないのねw(笑)
ますますこの夫婦が大好きになりましたw








本当にこんな素敵な作品に巡り合うことができて、翔さん、あおいちゃん、ありがとう。
またぜひ観に行きたいです。
むしろ、今から行きたいくらいですw

みなさんの感想も聞いてみたいです。
いろんな感想をきくのって、自分にない観点で観ることができるので楽しい^^





完全に夫婦目線で申し訳ありませんw
もちろん、登場人物みんな好き。
今回、いやだな〜と思う役が一人もいない!すごい。

ひとりひとりみんなそれぞれあったかくて、とっても優しい映画でした。

観終わった後改めて思い返してみると、悲しいという気持ちは不思議とあまりなかったんですよね。
むしろ前を向けるようになったというか。

こころがぽかぽかでした^^



2回目以降観るとまたどんな発見があるか楽しみです!






★いつもパチパチありがとうございます★
  ←もし、気に入っていただけたら押していただけるとうれしいです♪

| この記事のリンク | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト


カテゴリー:-

| この記事のリンク | - | - | pookmark |

コメント

コメントする










メール
<メールはこちらまで♪>
☆そら☆

カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
★web拍手★
←よかったらポチっと拍手してくださると嬉しいです♪お礼は過去の工作の数々がランダムで出ます☆現在10種類☆(09/25更新)

♪過去作品のギャラリ集♪
☆いつもありがとうございます☆
カウンターカウンター
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
コメント
リンク
☆ジャニーズ最新情報☆
QRコード
qrcode
ブログ内検索
JUGEM広告
RSSフィード